トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 根管治療

歯を抜かずに、残すための治療

「虫歯がひどくなり、抜歯しか治療方法がないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みがある」
「根の治療を何度もしているのに、再発してしまう」
このような歯や根の痛み、歯茎の腫れでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
根管治療

小さな虫歯は、感染している部分を削り、詰め物を入れれば終わります。ところが、虫歯が神経まで広がり、炎症が起きているときは、歯を大きく削って神経を取り除く治療が必要になります。その治療が根管治療です。

●重篤化した歯を残す唯一の治療
●確実な処置で、口腔内全体の健康を守る

深刻化した虫歯を抜歯をせずに残すことができます
ひどくなった虫歯を放置していると、神経が死んでしまいます。さらに状態が悪くなると神経にまでダメージが及んで治療が難しくなります。この段階では、すでに手の施しようがなく、残念ながら抜歯するしか治療方法がありません。こうした深刻化した歯を残すことができる、唯一の治療方法が根管治療です。

根管治療は、最初の処置がとても大切です
根管治療でもっとも重要なことは、最初に「抜髄(神経を取り除く)」処置を確実に行うことです。少しでも細菌が残っていると、どんどん感染が広がっていき、最悪、抜歯しなければなりません。

通常、抜歯をした後は、ブリッジや入れ歯で失った歯の部分を補います。しかし、他の歯にも負担がかかるため、結果的にはドミノ倒しのように、次々と歯が悪くなっていきます。だからこそ初めの根管治療を的確に行い、感染を食い止めたいと考えております。

根管治療ではどんなことをするの?

根管治療根管内は肉眼で確認することができません。加えて非常に複雑な形をしているため治療が困難です。万が一、少しでも細菌が残っていると再発の恐れもありますので、高度な技術を必要とする、難しい治療といえます。

具体的な治療方法
まず、神経を取り除いて専用器具で根管(神経が通っていた管)内の汚れや細菌をキレイに洗浄・殺菌します。その後、薬を充填して完全に蓋をして最期に詰め物を入れて終了です。

歯の状態により、治療期間や治療の流れは異なります。もちろん麻酔をかけて処置しますので、治療中の痛みはほとんどありません。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 根管治療


コールバック予約

Page Top