トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 小児歯科

お子さんのペースに合せながら治療を進めます

「診察室に入ると、泣き出してしまう」
「キーンという音が怖い」
このような、歯医者さんが苦手なお子さんはいらっしゃいませんか?
小児歯科

当院は、お子さんのペースに合わせながら、ゆっくりと治療を進めていきます。院長やスタッフが優しく接しますので、泣いたり、怖がったりしなくても大丈夫です。歯医者ぎらいにならないよう、焦らずゆっくり進めます。

お子さんに接するときに、心掛けていること

小児歯科治療中に泣き出したり暴れたりするのは「痛くないよ」と言われたのに痛みを感じた場合です。当院では、お子さんと素直に向き合うことを大切にしています。ほとんどの子は治療が終わった後にケロっとした顔をしています。

できることから少しずつ
泣き出してしまう子には、できることから始めます。今日は椅子に座る練習、次回は歯ブラシの練習と、ステップを踏むように少しずつ進めていきます。そして、大きな口を開けたり、最後まで治療を頑張ったりしたお子さんには、「よく頑張ったね」と誉めてあげます。お子さんはご家族の気持ちに応えようと一生懸命です。誉められたことで苦手意識ができ、自分から治そうという気持ちが生まれてきます。

当院のお子さんの歯を守る小児歯科

歯磨き上手を育てる【歯磨き指導(ブラッシング) 】歯磨き指導
●歯が生え始めた頃から、歯ブラシの練習を
●歯医者さんでの歯ブラシ指導は、歯磨きに慣れてから

希望される方には、丈夫で健康な歯を作るブラッシング指導を行っております。お子さんのペースに合せた歯ブラシの動かし方や、磨き残しのチェックを行い、歯磨き上手なお子さんへと導きます。

【フッ素塗布】歯質を強化する!フッ素塗布
●フッ素の虫歯予防効果は、持続性がない
●3~4か月に一度の定期的なフッ素塗布がおすすめ

フッ素には、歯の再石灰化を促して虫歯の進行を抑える効果があります。市販の歯磨き剤にも配合されていますので、ご存じの方も多いことでしょう。医院での「フッ素塗布」は、より濃度の高いフッ素を使用していますので、より効果的に虫歯予防が期待できます。

※「フッ素塗布」は保険適応外となります。【3,000円(税別)】

【シーラント】奥歯の溝の処置コンポジットレジン
●コンポジットレジンで溝に蓋をする
●汚れや細菌感染を防ぐ

お子さんの乳歯はとても柔らかくて溝が深く、汚れが溜まりやすい部分です。歯ブラシも当たりにくくて虫歯になりやすいので、この溝を埋めることで虫歯を防ぐことができます。

※年齢によって保険対応が異なります。

コンポジットレジンとは?
柔かいペースト状ですが、固まると歯と同じくらいの硬さになります。歯と歯の隙間を埋めて形を整えたり、歯の表面をコーティングしたり、まざまな目的で使用されます。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 小児歯科


コールバック予約

Page Top