トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 審美歯科・ホワイトニング

口元を美しくすることで、若々しさと健康を取り戻す

「笑顔が似合う口元になりたい」
「黄ばんでいる歯の色が気になる」
このような歯の色や形でお悩みの方はいませんか? そんな悩みに応えてくれる治療が、審美歯科治療です。
審美歯科・ホワイトニング

口元は、その人の魅力を映し出す鏡です。歯のくすみや黄ばみがあると、それだけで顔色が悪く見えてしまいます。また、歯を気にしていると、口元を隠す仕草をしたり、笑顔が不自然になったりしますので、周囲の人に悪い印象を与えがちです。

美しい口元で若々しさと健康を取り戻す
●口元の美しさは、その人の魅力を引き立てる

審美歯科治療を受けて口元が美しくなると気持ちが軽やかになり、外出が増えたり、服装が明るくなったりして笑顔も増えていきます。どんどん魅力的になっていく様子を見ていると、わたしも嬉しくなってきます。同時に、少しでも患者さんのお役に立てたことに、歯科医師としてのやりがいを感じています。

審美歯科治療の種類
・歯に人工歯(詰め物や被せ物)を入れる治療
・クリーニング(PMTC)
・美しい白い歯になるホワイトニング

良心的でかつ質の高さを追求した治療

審美歯科・ホワイトニング審美歯科治療を受けたくても、費用を心配して躊躇される方が少なくありません。当院では、一人でも多くの方に、キレイで長持ちする治療を受けていただきたいと考えていますので、良心的な料金体系を実現いたしました。

それでも、高いと思われる方もいらっしゃいます。確かに保険診療に比べると高めですが、使用する素材や工程などをきちんと説明すると、多くの方が納得されます。

患者さんのお悩みやご要望やご予算をお伺いし、公平な立場でもっとも相応しいと思われる素材を提案いたします。

「自費治療について」を読む

当院の審美歯科メニュー

当院では、健康保険の適用に関わらず、様々な種類の被せ物を取り扱っています。それぞれの素材には特長があり、部位ごとに向き不向きがありますので、メリット・デメリットをきちんと説明いたします。


【メタルボンド】金属使用でより強度があるメタルボンド
●使用実績が高い、安定した素材
●経年変化による変色や磨耗、劣化が少ない素材

セラミック(陶器)素材を金属の上に覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。セラミックを使用することで、天然の歯に近い色合いや質感が再現できます。また、土台に金属を使用することで、より強度が高まります。


【オールセラミック】天然の歯と遜色のない美しさオールセラミック
●審美性に優れている
●前歯の治療に最適
●金属を使わないので、アレルギーが起きにくい

セラミック(陶器)を焼き固めた素材を使った人工歯です。審美性に優れていて、天然の歯のような透明感と自然な色合いが再現できます。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーがある方でも安心してお使いいただけます。なお、強い力を加えると、まれに破損することもありますので、歯ぎしりや噛み合わせが強い方は事前にご相談ください。


【ハイブリットセラミック】自然な美しさを再現ハイブリットセラミック
●前歯の治療に最適
●金属を使わないので、アレルギーが起きにくい
●噛み合わせの歯に優しい

セラミックとプラスチック(レジン)をミックスした素材を焼き固めた人工歯です。それぞれの特徴を併せ持ち、自然な色合いと透明感があります。なお、オールセラミックに比べると経年変化による変色が起きやすいので、メインテナンスが不可欠です。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使えます。


【ジルコニア】人工ダイヤモンドを使った、輝くような白さジルコニア
●奥歯を白い歯にしたい人や歯ぎしりがある方に最適
●金属を使用しないので、アレルギーが起きにくい

人工ダイアモンドの上にセラミックを覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。天然の歯と遜色のない自然で輝くような白さと強度があります。奥歯を白くしたい人や歯ぎしりが気になる方にはおすすめです。

ホワイトニングで輝くような白さを取り戻す

審美歯科・ホワイトニングホワイトニングとは、毎日の歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない黄ばみや着色汚れを、歯を削らずに白くする方法です。

簡単に白くできる気軽さがありますが、反面、デメリットもあります。特に、歯周病や虫歯がある方は、歯や歯肉へのダメージが考えらえますので、歯科医師と相談の上、施術を受けるようにしましょう。

ホワイトニングの注意点
●歯ぐきの状態によっては、適応できないことがある
●妊娠中・授乳中、アレルギー体質の方は、施術が難しい場合がある

ホワイトニングのメリット
●歯を削らずに白くすることができる。
●好みの白さに調節できる。
●比較的、低料金で施術ができる。

ホワイトニングのデメリット
●人によって効果にばらつきがある。
●後戻りがあるので、継続的な施術が必要。
●ホワイトニング剤が歯にしみることがある。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 審美歯科・ホワイトニング


コールバック予約

Page Top