トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療

歯周病は、早期発見・早期治療が大切

「歯をみがくと、血がにじむ」
「お口の中が、イヤな臭いがする」
「歯ぐきがぶよぶよしている」
このような症状があれば、あなたも歯周病かもしれません。歯医者さんで診察を受けることをおすすめします。
歯周病

歯周病は、症状がわかりにくい病気
●自覚症状が現れたときにはかなり悪化している
●早期発見・早期治療でほぼ改善される

歯周病は、ゆっくりと進行するため、症状が分かりにくい病気です。始めのうちは自覚症状がないのがほとんどで、腫れや出血などが出てきた時にはかなり進行しています。歯周病菌に感染すると歯の周りの組織が破壊され、時には手遅れとなることも。しかし、きちんと治療すれば少しずつ改善されます。


歯周病の主な原因は?
●歯周病の主な原因は細菌
●細菌に歯根膜や歯槽骨まで溶かされ歯が抜け落ちてしまう

お口の中の汚れは、時間経過とともに石灰化して歯石になります。これが歯と歯肉の間に溜まると、歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この中は細菌の温床で、繁殖が始まると炎症が起きて歯肉の腫れや出血が始まります。

さらに、炎症が歯周ポケットの深くまで広がると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨を溶かしていき、やがては歯を支えきれなくなり、歯がぐらつき始めます。そのまま放置していると、やがては歯が抜け落ちてしまう、恐ろしい病気です。


40才以上の5人のうち4人は、歯周病感染者
●日本人の80%が歯周病に感染

厚生労働省の調査によると、「日本人の成人で歯周病に感染している人は、約80%いる」という報告があります。40才以上で歯周病に感染している人は、5人のうち4人とも言われ、ほとんどの方が歯周病予備軍です。

当院でも、自覚症状がない患者さんのお口の中を、歯周病検査や口腔内カメラで調べると、歯周病が見つかることが珍しくありません。早期発見・早期治療が大切ですので、定期的なメンテナンスを受けて、大切な歯を歯周病から守りましょう。

虫歯治療は、歯周病を改善してから

歯周病●歯周病のまま治療すると、やがて歯を失うことに
●治療前の歯周病検査と、歯肉の状態を安定させてから処置をする
●治療回数を事前に知らせてモチベーションを維持

歯周病治療せずに虫歯治療すると、歯周病が徐々に進行していき、やがては歯を失う可能性が高まります。
こうした理由から、当院では、すべての治療を始める前には、歯周病の検査を行うことをおすすめしています。

歯周病の進行について

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間の溝・歯周ポケットに歯垢や歯石がたまって細菌が繁殖しています。歯肉が炎症を起こしていて、腫れや出血が見られる状態です。

<治療方法>
・ブラッシング指導。
・1~2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能。

中等度歯周病中等度歯周病
歯石の付着が目立ち、腫れや出血、口臭がひどくなります。骨の後退が始まり、歯周ポケットが深くなって触ると歯が動きます。

<治療方法>
・歯周ポケットの内部に付着した歯石の除去。
・痛みが伴うときは、麻酔。
・場合によっては歯周外科の適応。

重度歯周病重度歯周病
歯肉が真っ赤に腫れ上がって化膿している状態です。骨の破壊がさらに進み、歯の動揺が大きくなりグラグラします。

<治療方法>
・歯周外科にて対応。
・歯の保存が難しい場合は、抜歯。

【歯周病の予防】歯周病の原因となる汚れを取り除く

【スケーリング】歯石を除去するスケーリング
●虫歯や歯周病の原因菌を徹底除去
●歯肉が引き締まり、虫歯や歯周病を予防する
●再付着するので、定期的なスケーリングが望ましい

スケーラーと呼ばれる専用の器具を使い、虫歯や歯周病の原因となっているプラークを除去します。歯肉や歯周ポケットに付着している歯垢や歯石をすべて取り除くので、施術後は、歯ぐきが引き締まって、虫歯や歯周病も防いでくれます。

【PMTC】歯の表面をクリーニングするPMTC
●普段のお手入れでは落としきれない汚れを除去
●自然な白さや健康な歯肉を取り戻す
●虫歯や歯周病を防ぎ、口臭の改善効果もある

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯の専門家によるプロフェッショナルな歯のクリーニングです。専用器具を使い、毎日の歯磨きでは落としきれないバイオフィルムを徹底的に取り除き、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。虫歯、歯周病の予防、口臭の改善にも効果があります。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療


コールバック予約

Page Top