トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 入れ歯

入れ歯が合わなくてお困りの方へ

初めて入れ歯を入れたとき、ほとんどの方が噛み心地や装着感、安定感などがしっくりこないと訴えます。
入れ歯

それもそのはず。入れ歯は人間が作った「異物」です。その異物をお口の中に入れるのですから、違和感があるのは当然です。例えば、コンタクトレンズ。初めは違和感がありますが、慣れてくるとゴロゴロ感がなくなります。、入れ歯もそれと同じで、調整を重ねながら徐々に馴染んでいくものです。


調整を重ねながら、歯になじませていく
当院では、患者さんがしっかり噛めるようになるまでしっかり調整いたします。初めてお作りする方はもちろん、現在お使いの入れ歯の調整もいたしますので、入れ歯でお困りのことがあれば、遠慮せずにご相談ください。


痛みがあるときは、我慢せずにすぐ相談を
装着しているときに痛みやズレ、不快感があるときは我慢しないでください。そのまま使い続けていると、歯肉が腫れて炎症を起こしてしまいます。少しでも違和感があったら、すぐにご来院ください。歯肉の腫れなどをみながら調整いたします。

その人に合った入れ歯をご提案

入れ歯当院では、バリエーション豊富な入れ歯をご用意しています。保険でお作りするリーズナブルな入れ歯から、自費診療でお作りする金属床や目立たない義歯まで、豊富な種類の中から、患者さんの噛み合わせやご予算に合わせた最適な入れ歯をご提案しています。

はじめての方には保険の入れ歯を
初めての方は、入れ歯の装着感がどのようなものなかさえ分かりません。まずは保険でお作りし、さらに快適な入れ歯を求められる方には、自費の入れ歯をおすすめしています。もちろん、保険の入れ歯をお作りするときも、安定感や噛み心地などを考慮しています。

正確な型採りが、しっかり噛める入れ歯を作る

入れ歯●ライフスタイルに合せて作り分ける
●丁寧な型取で、使える入れ歯に仕上げる

入れ歯を作る時の基準は患者さんごとに異なります。例えば、笑顔をきれいに見せたければ、スマイルラインをキレイに仕上げます。食事を美味しくいただきたい方には、しっかり噛めて安定感があるように作ります。

また、食を楽しむには食感も大切な要素です.お煎餅のような固い物やステーキなどでは感触が変わってきますので、嗜好に合せた微妙な作り分けが求められます。当院では、患者さんのニーズに合わせながら、型取りを丁寧に行い、ズレやがたつきのない、安定感のある入れ歯をお作りしています。

当院の入れ歯の種類

【ノンクラスプデンチャー】目立たずソフトな入れ歯ノンクラスプデンチャー
●金具を使っていないので目立たない
●柔らかくて軽い素材で、装着時の違和感が少ない
●修理が難しく、一度壊れたら作り直しが必要

金具を一切使わない部分入れ歯です。柔らかい素材を使っていますので、大きく曲げても割れたり折れたりすることはありません。歯ぐきと同じピンク色をしているので、装着していても目立たず、誰にも気づかれずにお使いいただけます。

【金属床】食事が美味しく食べられる金属床
●耐久性・快適性・安定性に優れ、装着時の違和感が少ない
●熱が伝わりやすく、食べ物の味を損なわない

床(上あごに触れる部分)が金属でできている金属床の入れ歯で、丈夫で薄く、快適性、安定性があります。床部分が薄く、装着時の違和感がほとんどなく、食事や発音で困ることもありません。さらに、食べ物の温かさや冷たさも伝わりやすいので、熱い飲み物による喉の火傷も防げます。

【保険義歯】入れ歯が初めての方に最適
保険義歯
●リーズナブルで初めての方には最適
プラスチック素材を使った入れ歯です。保険が適用できますのでリーズナブルで、費用を抑えることができます。始めての方は、まずは慣れていただくために、保険義歯をおすすめしています。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 入れ歯


コールバック予約

Page Top