トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科 » 症状からの虫歯進行度と治療法

症状からの虫歯進行度と治療法

小さな穴が空き、痛みはない小さな穴が空き、痛みはない
虫歯菌によって、歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされて、小さな穴が空いた状態です。象牙質には達していませんので、痛みはありません。

<治療方法>
虫歯で穴が開いた部分を最小限に削り、保険適用の白い詰め物をして終了します。

冷たい物や甘い物がしみる冷たい物や甘い物がしみる
虫歯がエナメル質よりさらに下にある象牙質まで達した状態です。冷たい物や甘い物がしみて触ると痛みを感じるときは、麻酔をして治療を行います。]

<治療方法>
虫歯の範囲が狭いときは、麻酔を使わずに幹部を削り、保険適用の白い詰め物を入れて完了します。虫歯が大きくなっているときは、麻酔をかけて削り、詰め物を製作して装着します。

激しい痛みを感じる激しい痛みを感じる
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして神経まで達した状態です。激しい痛みが伴うことが多く、神経が死んでしまった場合は、根の外側で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

<治療方法>
麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、根の中を洗浄・殺菌してから被せ物を装着します。根の状態によっては、抜歯の可能性があります。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科 » 症状からの虫歯進行度と治療法


コールバック予約

Page Top