トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科 » 痛みの少ない、患者さんに優しい治療

痛みの少ない、患者さんに優しい治療

痛みの少ない治療●表面麻酔で麻酔時の痛みを軽減
●患部を押さえてから針をさす
●ゆっくりと一定のリズムで麻酔薬を注入

治療中の痛みがイヤで、ぎりぎりまで我慢していたという経験はありませんか。そのまま放置していても、自然に虫歯が治ることはありません。むしろ、どんどんひどくなる一方です。

当院では、できるだけ痛みの少ない治療に取り組んでいます。患者さんを自分の家族のように考えながら診療していますので、治療に伴う不安や恐怖を与えないようよう配慮しています。

麻酔時の痛みを和らげる当院の取り組み
麻酔注射を刺すときのチクッとした痛みは、患者さんにとってストレスに感じるようです。当院では、麻酔時の痛みを緩和するために、さまざまな工夫を凝らしています。

その一つが、表面麻酔の使用です。表面麻酔はジェル状の麻酔薬。麻酔注射を打つ前に幹部に塗布すると、針を刺したときの痛みをほとんど感じることがありません。また、注射をするときは、できるだけ痛みを感じさせない工夫をし、患部を指で押さえてから針をさします。さらに、一定の速度でゆっくりと麻酔液を注入することで、液が入っていくときの違和感や不快感がほとんどありません。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科 » 痛みの少ない、患者さんに優しい治療


コールバック予約

Page Top