トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 小児歯科 » お子さんに接するときに、心掛けていること

お子さんに接するときに、心掛けていること

小児歯科治療中に泣き出したり暴れたりするのは「痛くないよ」と言われたのに痛みを感じた場合です。当院では、お子さんと素直に向き合うことを大切にしています。ほとんどの子は治療が終わった後にケロっとした顔をしています。

できることから少しずつ
泣き出してしまう子には、できることから始めます。今日は椅子に座る練習、次回は歯ブラシの練習と、ステップを踏むように少しずつ進めていきます。そして、大きな口を開けたり、最後まで治療を頑張ったりしたお子さんには、「よく頑張ったね」と誉めてあげます。お子さんはご家族の気持ちに応えようと一生懸命です。誉められたことで苦手意識ができ、自分から治そうという気持ちが生まれてきます。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 小児歯科 » お子さんに接するときに、心掛けていること


コールバック予約

Page Top