トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療 » 歯周病は、早期発見・早期治療が大切

歯周病は、早期発見・早期治療が大切

「歯をみがくと、血がにじむ」
「お口の中が、イヤな臭いがする」
「歯ぐきがぶよぶよしている」
このような症状があれば、あなたも歯周病かもしれません。歯医者さんで診察を受けることをおすすめします。
歯周病

歯周病は、症状がわかりにくい病気
●自覚症状が現れたときにはかなり悪化している
●早期発見・早期治療でほぼ改善される

歯周病は、ゆっくりと進行するため、症状が分かりにくい病気です。始めのうちは自覚症状がないのがほとんどで、腫れや出血などが出てきた時にはかなり進行しています。歯周病菌に感染すると歯の周りの組織が破壊され、時には手遅れとなることも。しかし、きちんと治療すれば少しずつ改善されます。


歯周病の主な原因は?
●歯周病の主な原因は細菌
●細菌に歯根膜や歯槽骨まで溶かされ歯が抜け落ちてしまう

お口の中の汚れは、時間経過とともに石灰化して歯石になります。これが歯と歯肉の間に溜まると、歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この中は細菌の温床で、繁殖が始まると炎症が起きて歯肉の腫れや出血が始まります。

さらに、炎症が歯周ポケットの深くまで広がると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨を溶かしていき、やがては歯を支えきれなくなり、歯がぐらつき始めます。そのまま放置していると、やがては歯が抜け落ちてしまう、恐ろしい病気です。


40才以上の5人のうち4人は、歯周病感染者
●日本人の80%が歯周病に感染

厚生労働省の調査によると、「日本人の成人で歯周病に感染している人は、約80%いる」という報告があります。40才以上で歯周病に感染している人は、5人のうち4人とも言われ、ほとんどの方が歯周病予備軍です。

当院でも、自覚症状がない患者さんのお口の中を、歯周病検査や口腔内カメラで調べると、歯周病が見つかることが珍しくありません。早期発見・早期治療が大切ですので、定期的なメンテナンスを受けて、大切な歯を歯周病から守りましょう。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療 » 歯周病は、早期発見・早期治療が大切


コールバック予約

Page Top