トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 痛いのが苦手だからこそ予防ケアを

痛いのが苦手だからこそ予防ケアを

予防歯科80歳になったときの日本人の残歯数は6~7本程度だといいます。定期的に予防ケアを受けることで、お口の中の環境を快適な状態に保ち、虫歯や歯周病になりにくく環境を作ってくれます。また、虫歯や歯周病の早期発見にもつながりますので、治療の痛みの軽減や治療療期間の短縮につながります。定期メインテナンスを受けて、10年後、20年後も健康な歯で過ごしましょう。

「予防歯科」へ


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 痛いのが苦手だからこそ予防ケアを


コールバック予約

Page Top