トップへ » よくあるご質問 » 自費治療について » 保険診療・自由診療の選択は、状況に合わせて

保険診療・自由診療の選択は、状況に合わせて

保険診療のデメリット健康保険制度は、誰もが診療を受けられるよう、経済的な負担を軽くするためのシステムです。確かに治療費用を抑えられますが、その一方で、使用する材料や診療時間が制限されてしまいます。

たとえば、銀歯でお困りの方は、セラミックなどを用いた人工歯にすると、より自然で白い歯を手に入れることができます。また、入れ歯が痛いという方には、インプラント治療を受けることで、ご自分の歯のように噛めるようになります。


もちろん、保険診療でも充分な場合もあります。
自費診療は治療費用が高額になりますので、当院では強引におすすめすることはありません。あくまでも、保険診療がベースです。その上で、選択肢のひとつとして自費診療をご提案させていただきたいと思います。


トップへ » よくあるご質問 » 自費治療について » 保険診療・自由診療の選択は、状況に合わせて


コールバック予約

Page Top