トップへ » よくあるご質問 » 自費治療について » 自費診療と保険診療の主な違い

自費診療と保険診療の主な違い

自費診療と保険診療●使用する素材が違う
●型取りの取り方の違い
●技工士の製作方法の違い

使用する材料が違う
被せ物を装着するときに使う接着剤には様々な種類があります。保険診療の接着剤は、長い時間をかけて唾液によって溶かされていきます。何年か経ったとき、被せ物の脱落や細菌が隙間から侵入するため、新たに虫歯ができることも少なくありません。

これに対し、自費診療は、より接着力が強くて耐久性に優れている接着剤を使用しますので、治療が終わっても長期間使い続けることができます。また、自費診療で使用する被せ物にはさまざまな種類があり、使用する材料によって特徴が異なります。その中でもセラミックは、見た目が美しく、汚れが付着しにくい素材として、広く使われています。


印象方法(型採り)が違う
歯型を採る行為を印象といい、印象に用いる材料を印象材といいます。保険診療では、寒天印象材を使って型取りをしますが、精度があまりよくありません。仕上がりにも影響し、技工物(詰め物や被せ物)と歯や歯ぐきの間に隙間や段差ができると、そこから細菌が侵入して、虫歯になったり脱落したりしてしまいます。

自費診療では、シリコン印象剤を使った精度の高い型採りができます。もちろん限りなく隙間のない適合精度が高い詰め物や被せ物に仕上がります。このとき接着剤も被膜が薄く、生体親和性の高い最高材料を使用しますので、からだにも優しい治療といえます。


歯科技工士さんの手間のかけ方が違う
保険の被せ物を作る場合、ひとつの被せ物に対する保険報酬が低いため、技工士さんはできるだけ時間をかけずに作らなければなりません。一方、自費診療の被せ物は、製作費を高く設定しているため、より手間をかけて丁寧に作ることができます。


トップへ » よくあるご質問 » 自費治療について » 自費診療と保険診療の主な違い


コールバック予約

Page Top