トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 父は歯科医師~治療の幅を広げるために歯周病科で学ぶ

父は歯科医師~治療の幅を広げるために歯周病科で学ぶ

院長プロフィール父が歯科医師でしたので、学生の頃から父の跡を継ぐことを意識していました。開業医はさまざまな患者さんの治療をしますので、幅広い治療が求められます。ですから卒業後は大学病院の歯周病科に進みました。歯周病の治療には、抜歯、むし歯の治療、入れ歯作りなど、様々な技術が必要だからです。

恩師から、治療の質の大切さを学ぶ
歯周病科に残ったとき、とてもお世話になった恩師がいました。大学病院退職後、先生のクリニックで研修をさせてもらいました。そこでは、本来の医療従事者のあるべき姿を学んだような気がします。

先生は、いつも患者さんに優しい治療を考えて、大学病院レベルの、コストを度外視した治療を実践されていました。私が利益よりも治療を優先しているのは、先生の影響ですね。だから、できるだけ費用を抑えたいという患者さんの気持ちを考えると、いいからといって自費診療をおすすめできなくなっちゃうんですよ(笑)もちろん保険診療でもしっかり治しますからご安心ください。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 父は歯科医師~治療の幅を広げるために歯周病科で学ぶ


コールバック予約

Page Top